せどり 適正価格に設定し、売れる商品を出品しましょう!


せどり 適正価格に設定し、売れる商品を出品しましょう!

260417

2週間以内に売れると思い、
仕入れた商品がなかなか売れず、
とうとう1ヶ月を経過。

そして2ヶ月・・・経過・・・?

さらに3ヶ月・・・・・・経過!?

えっ?

なんで売れないの?
全く、売れる感じがしない!

仕入れた時は、モノレートを確認しているから
問題ないと思ったのに・・・。

567445

あなたは、このような経験はありませんか?

このような事が起こってしまう理由のひとつとして、
販売価格の設定ミスがあげられます。

①価格調整をしていない

 商品によっては、価格が安定しているものもありますが、
 ほとんどの商品が、日々価格が変動しています。

 だから、
 そろそろ自分の商品が売れる番かな?と思っていても、
 いつの間にか、カート価格から程遠い値段に
 なっていたりします。

 ですので、
 2日に1回は、価格調整をオススメします。

②そもそも適正価格を意識していない
 
 ひとつの商品に対して、
 利益金額や利益率を求めすぎてしまうと、
 無意識に高値を設定してしまう傾向にあります。
(特に中古品の場合)

 ですので、
 新品商品であれば、最安値付近の価格帯に設定し、
 中古商品であれば、そのコンディションに合わせた
 価格帯で値付けをしてくださいね。

値付けをする上で大事な事は、
お客様にとって
「この値段だったら、買ってもいい!」
と感じてもらう事です。

感じてもらわなければ、
いつまでたっても購入される事はありません。

出品者側からすると、
「高く売りたい!」

お客様からすると、
「良いものを安く買いたい!」

と思っているので、
出品者の希望する価格 = 購入者が買ってもいい価格

イコールの関係になりません。

このお客様の購入心理が理解できていない人ほど、
このような流れになってしまいます。

・商品が売れない
  ↓
・在庫過多に悩む
  ↓
・売上が上がらない
  ↓
・収入が減る
  ↓
・仕入れ資金がない
  ↓
・安値で販売し、現金化する
  ↓
・ただ、現金を回しているだけ
 もしくは、ボランティア状態に陥る

あなたは、このような負のスパイラルに、
はまらないように気をつけてくださいね。

ポイント

・独りよがりにならない

・購入者目線で価格設定をする

・利益を確保した仕入れをおこなう
 (モノレートを読み解く力をつける)

あなたもモノレートを読み取れるように
なってくださいね。
モノレート記事一覧ページ

あっ!

そう、

らんきは、仕入れツアーしていますが、
希望者には、モノレートの読み解く、
座学的な事もおこなっています。

とても好評なので、
その際は、言ってくださいね♪

ランキンググラフで数を数えるの大変ですよねー

↓ ↓ ↓

モノゾンアプリを使って、モノレートの販売数量を数値化しましょう♪

ご質問や感想、相談(悩み)などがありましたら、
当ブログの「お問い合わせ」フォームより
ご連絡くださいね。


私は、仕事運が無く
倒産・リストラ・パワハラなどを経験し、
会社に依存しない自由で豊かな生活
送りたいと考え、
この世界に飛び込んできました。


あなたの自由で豊かな人生とは、
なんですか?


会社に依存しない生活の事ですか。

それとも値段を気にせず、好きなものを
買ったり食べたりする事ですか。


あらゆる束縛から解放された実録を
赤裸々に語っている本が、
期間限定で、こちらから無料で、
ダウンロードする事が出来ます。
自由を手にいれる教科書バナー


私もダウンロードして読みましたが、
「自由を得る」事に共感できましたし、
自由を得るためには、どのような思考で、
これから何をすべきなのか?


・これから稼いでいきたい方

・成功したい方

・今の生活から抜け出したい方

にオススメの本です。


ぜひ、読んでみてください。
自由を手にいれる教科書バナー

また、
らんきのメルマガでは、


・ブログにはない特別なお話

・せどり情報や旬なネタのお話

・ネットビジネスで成功に導くお話


などを初心者目線でお伝えしています。


ぜひ、メルマガを登録してくださいね。
(登録費用はかかりません。無料です。
なんと、今なら登録4大特典付きです♪

スクリーンショット 2017-05-22 17


せどり入門者や初心者に大好評♪
マンツーマンせどりツアーに参加して、
楽しいせどりライフをおくりましょう!

らんきのせどりツアーバナー


日々、あなたに役立つ情報を発信していきたい
と思います。

これからも応援の方、よろしくお願いします。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク