せどり 仕入れを継続させる最大の秘訣!


せどり 仕入れを継続させる最大の秘訣!

あなたは仕入れを楽しむ事が出来ているだろうか?
意外に、楽しむという事が出来ていない人が多い。

なぜか?

それは、

・せどりでいっぱい稼ぐ♪(テンションMAX)

   ↓

・リサーチする(ワクワク♪ドキドキ♪)

   ↓

・商品が見つからない
(なんだか、不安な気持ちになる)

   ↓

・仕入れが出来ない
(超不安な気持ちになる)

   ↓

・仕入れが楽しくない(疲労感でいっぱい)

   ↓

・仕入れがきつい(想像もしなかった)

   ↓

・せどりを辞めてしまう
(仕入れが継続できない)

こんな状況になり、せどりを辞めていく人が
いっぱいいます。
せどりは楽して稼げる!
が、世間のイメージとして先行していて、
辞めていく人の大半はそうです。

はっきり言って、
せどりはネットビジネスの中でも肉体労働型の
ビジネスです。
仕入れをすればするほど検品作業・出荷作業が
多くなり、大変になります。

それでは、何故せどりをするのか?
らんき的には、

・会社に縛られずに、自由な時間を手に

 入れられるから

・会社員とは違い、収入を大きく増やせるから


・老後も年金をあてにしないで生活できるから

せどりをせっかく始めたのだから
辞めてしまうのは、非常にもったいないですよ。

う〜ん、

ならば、

せどりを辞めてしまう理由が、
仕入れが継続出来ないという事であれば、
継続させれる事が出来ればいい訳ですよね♪

らんきが実践している仕入れを継続する方法を
紹介しますね♪

仕入れする時は、
熱心に宝探しをしないという事!

リサーチしていて肩に力が入っている事に
気づいたら、

一度、その場を離れて好きな売り場に行き、
気に入った商品を見に行ったり、
カフェでお茶したりと、

心の気分転換をしてから仕入れ(リサーチ)を
再開するようにしています。

*肩に力が入っているくらいならまだいいかも
 しれませんが、
 ひどい時は呼吸を止めてリサーチしてましたよ。
 (超危険だし、バカですよね〜!)

あっ!

あと、こんなやり方もありますよ。
プライベートでの買い物中に、

おやっ?
こんなところに安い商品が・・・。

リサーチしてみると、
売れ筋でしかも利益が取れる商品発見!
おもわず仕入れしちゃった♪

あなたもこんな経験があるかもしれません。
そうです、
買い物に行ったついでに仕入れしちゃった作戦!
この作戦は、とても有効です。
ぜひ、取り入れてみてくださいね。

 
あなたも無理、無茶はしないで、
仕入れを楽しみましょうね♪

もし、
後ろ向きな気持ちになってしまった時は、
思い出してください。

あなたが今、
せどりに向き合っている理由は何か?
という事を。

成功した時には、豊かな未来が待っています。

あなたは仕入れで失敗した事がありますか?

 ↓ ↓ ↓

せどり 仕入れ時の失敗から学ぶ5つのポイント
と大義名分

ご質問や感想、相談(悩み)などがありましたら、
当ブログの「お問い合わせ」フォームより
ご連絡くださいね。


私は、仕事運が無く
倒産・リストラ・パワハラなどを経験し、
会社に依存しない自由で豊かな生活
送りたいと考え、
この世界に飛び込んできました。


あなたの自由で豊かな人生とは、
なんですか?


会社に依存しない生活の事ですか。

それとも値段を気にせず、好きなものを
買ったり食べたりする事ですか。


あらゆる束縛から解放された実録を
赤裸々に語っている本が、
期間限定で、こちらから無料で、
ダウンロードする事が出来ます。
自由を手にいれる教科書バナー


私もダウンロードして読みましたが、
「自由を得る」事に共感できましたし、
自由を得るためには、どのような思考で、
これから何をすべきなのか?


・これから稼いでいきたい方

・成功したい方

・今の生活から抜け出したい方

にオススメの本です。


ぜひ、読んでみてください。
自由を手にいれる教科書バナー

また、
らんきのメルマガでは、


・ブログにはない特別なお話

・せどり情報や旬なネタのお話

・ネットビジネスで成功に導くお話


などを初心者目線でお伝えしています。


ぜひ、メルマガを登録してくださいね。
(登録費用はかかりません。無料です。
なんと、今なら登録4大特典付きです♪

スクリーンショット 2017-05-22 17


せどり入門者や初心者に大好評♪
マンツーマンせどりツアーに参加して、
楽しいせどりライフをおくりましょう!

らんきのせどりツアーバナー


日々、あなたに役立つ情報を発信していきたい
と思います。

これからも応援の方、よろしくお願いします。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク