せどり 仕入するのが難しい?


せどり 仕入するのが難しい?

最近いろんな人から、仕入する事が出来ないって
声をよく聞きます。

よく話を聞いてみると原因が分かってきましたよ。


仕入が出来ない理由

①仕入する基準が分からない

 商品をリサーチする際、
 ランキングやモノレートのデータを確認して、

 商品の利益額(率)がどれくらいとれるのか?
 商品の回転率はどれくらいなのか?

 仕入する金額はいくらか?  
 を確認した上で仕入をするか?
 しないか?の判断をします。

 商品を仕入する判断については、人によって
 さまざまです。

 例えば、  

 仕入対象基準が利益率35%以上の条件の人と
 利益率25%以上の条件の人とでは、

 当然、利益率25%以上に設定している人の方が、
 仕入れる商品も多くなります。

 あまり欲張ると、なかなか仕入出来る商品が
 見つかりません。


②行動力が無い
     

 店舗を何軒回ったんですか?
 と聞くと、

 会社の帰り道に家電屋さんに行きました。
 とか、昼休みにホームセンターに行ってきました。
 だけでは、見つける事が難しいです。

 同系列のお店でも、お店によって特色があるので、
 異なる商品であったり、値付けもさまざまです。
 リサーチをどれくらいしたのか?

 1日だけとか、数日間頑張ってリサーチした
 ところで的を得ている訳ではないので、
 見つける事が難しいです。

 何をやるにしてもそうですが、行動しない事
 には始まりません。  

 行動する事によって、おのずと課題と結果が
 ついてきます!
 少しづつでもよいので、継続する事が大切です。  
 

結論

①せどりの仕入基準をしっかりと学び、仕入を
 実践していきましょう。

 また、初心者のうちは大きな利益率は求めず、
 そこそこの利益率を仕入れ対象とし、
 沢山仕入しましょう。

 そうする事で経験値も上がりますし、
 自分への自信にもつながってきます。

②お店には何度も何度も足を運んで、そのお店の
 特徴などを体で覚えていきましょう。

 そして、いろいろなお店でリサーチして仕入
 する事を楽しんでいきましょう!

 楽しむ事によって、仕入れを継続する事が
 出来ます。


まとめ

・仕入する事が出来ない。というのは、
 せどりを始めた初心者の方が、一番最初に
 ぶつかる壁です。

 この壁は上級者の方や名人でも壁がありました。
 その壁を一生懸命頑張って乗り越えてきた
 人だけが稼げるようになっています。

 だから、仕入がうまくいかないからと言って
 落ち込む必要はありません。

 この壁は成長している人にしか姿を現しません!
 背を向けて逃げてしまっては、
 もったいないですよ。

だから、一緒に頑張りましょう!

リサーチ力を高めるなら、
この記事を読んでみてはいかがでしょうか?

↓ ↓ ↓

せどり 初心者におすすめなジャンルは何か?

ご質問や感想、相談(悩み)などがありましたら、
当ブログの「お問い合わせ」フォームより
ご連絡くださいね。


私は、仕事運が無く
倒産・リストラ・パワハラなどを経験し、
会社に依存しない自由で豊かな生活
送りたいと考え、
この世界に飛び込んできました。


あなたの自由で豊かな人生とは、
なんですか?


会社に依存しない生活の事ですか。

それとも値段を気にせず、好きなものを
買ったり食べたりする事ですか。


あらゆる束縛から解放された実録を
赤裸々に語っている本が、
期間限定で、こちらから無料で、
ダウンロードする事が出来ます。
自由を手にいれる教科書バナー


私もダウンロードして読みましたが、
「自由を得る」事に共感できましたし、
自由を得るためには、どのような思考で、
これから何をすべきなのか?


・これから稼いでいきたい方

・成功したい方

・今の生活から抜け出したい方

にオススメの本です。


ぜひ、読んでみてください。
自由を手にいれる教科書バナー

また、
らんきのメルマガでは、


・ブログにはない特別なお話

・せどり情報や旬なネタのお話

・ネットビジネスで成功に導くお話


などを初心者目線でお伝えしています。


ぜひ、メルマガを登録してくださいね。
(登録費用はかかりません。無料です。
なんと、今なら登録4大特典付きです♪

スクリーンショット 2017-05-22 17


せどり入門者や初心者に大好評♪
マンツーマンせどりツアーに参加して、
楽しいせどりライフをおくりましょう!

らんきのせどりツアーバナー


日々、あなたに役立つ情報を発信していきたい
と思います。

これからも応援の方、よろしくお願いします。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク