せどりで稼ぐ人と辞める人の違いについて


せどりで稼ぐ人と辞める人の違いについて

あなたは、せどりを継続して稼ぐコツを
知っていますか?

また、せどりが長続きできない理由を
ご存知ですか?

ほとんどの人が、せどりを始めるきっかけが
こんな言葉で始めた人が多いです。

「楽して稼げる!」とか
「2、3ヶ月で月収100万円!」とかです。

ネットではそんな甘い言葉が飛び交っています。
正直、

そんな甘くないです。
決して、楽ではありませんし、

よっぽど何かに恵まれていないと
2、3ヶ月で月収100万円は不可能です。

でも、そういう言葉に踊らされて3ヶ月くらい
でせどりを辞めていく人が後を絶ちません。

あなたには、そんな理由で辞めてほしくないので、
今日は、継続して稼ぐコツについて書きたいと
思います。

せどりが続かない理由
①仕入する事が出来ない!

 せどりを一人で見よう見まねで始めるのは
 いいけど、実際にお店に行っても仕入れるもの
 が見つからない。
 仕入する事が出来ない。
 結局、仕入する事を諦めてしまう。


②仕入が不安定!

 仕入が出来るようになってくると、楽しく
 なってくるが、日によって仕入出来る日と
 出来ない日があり、安定しない。
 安定した仕入が出来ない事によって、
 不安や苛立ち、ストレスを感じ始め、
 継続できない。


③目標月収が高すぎる!

 自分におかれている現状をかえりみずに、
 理想の目標月収を短期的に決めてしまい、
 結果として達成する事が出来ずモチベーション
 の持続が困難になりやめてしまう。

いま、読んでみて
「何となく、あてはまっているかなぁ~?」と
感じている方は、要注意です。

要注意と感じた方は、
これからお話しする事を意識してもらいたいです。

それでは、
せどりを継続して稼ぐコツについてお話ししたい
と思います。

それは、
決して無理をしないという事です。

①番は、仕入れるものが見つからないから、
無理に頑張ってしまう。
仕入れする為の基礎知識が不足しているの
であれば、詳しい人から学ぶ事が
稼げるようになる為の一番の近道です。

②番は、安定した仕入が出来ないから、
無理に頑張ってしまう。

③番は、現状を早く脱したい事から、
無茶な目標を設定してしまい、
頑張りすぎてしまう。(空回りしてしまう)

頑張る事はとても良い事だと思いますが、
今、一番大切な事は継続する!
という事が最も大切な事です。

大きく稼ぎたいのであれば、頑張り過ぎずに
階段を一段一段、あがっていくイメージで
行動していきましょう!

そして出た結果に焦らず、着実に一歩一歩を
踏みしめていくと良い結果が生まれてきます。
大切な事は「継続は力なり」です!

せどりも立派なネットビジネスです。
自分の中でせどりをする意義を見出す事が
出来れば、大きく稼ぐ事が十分可能です。

まずは、手堅くワゴンから攻めては
どうでしょうか?

 ↓ ↓ ↓

せどり 店舗のワゴンで仕入れるコツ

ご質問や感想、相談(悩み)などがありましたら、
当ブログの「お問い合わせ」フォームより
ご連絡くださいね。


私は、仕事運が無く
倒産・リストラ・パワハラなどを経験し、
会社に依存しない自由で豊かな生活
送りたいと考え、
この世界に飛び込んできました。


あなたの自由で豊かな人生とは、
なんですか?


会社に依存しない生活の事ですか。

それとも値段を気にせず、好きなものを
買ったり食べたりする事ですか。


あらゆる束縛から解放された実録を
赤裸々に語っている本が、
期間限定で、こちらから無料で、
ダウンロードする事が出来ます。
自由を手にいれる教科書バナー


私もダウンロードして読みましたが、
「自由を得る」事に共感できましたし、
自由を得るためには、どのような思考で、
これから何をすべきなのか?


・これから稼いでいきたい方

・成功したい方

・今の生活から抜け出したい方

にオススメの本です。


ぜひ、読んでみてください。
自由を手にいれる教科書バナー

また、
らんきのメルマガでは、


・ブログにはない特別なお話

・せどり情報や旬なネタのお話

・ネットビジネスで成功に導くお話


などを初心者目線でお伝えしています。


ぜひ、メルマガを登録してくださいね。
(登録費用はかかりません。無料です。
なんと、今なら登録4大特典付きです♪

スクリーンショット 2017-05-22 17


せどり入門者や初心者に大好評♪
マンツーマンせどりツアーに参加して、
楽しいせどりライフをおくりましょう!

らんきのせどりツアーバナー


日々、あなたに役立つ情報を発信していきたい
と思います。

これからも応援の方、よろしくお願いします。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク