Mac スクリーンショットでマウスカーソルも撮影できちゃう方法とトリミング方法


Mac スクリーンショットでマウスカーソルも

撮影できちゃう方法とトリミング方法

あなたは、

スクリーンショットする際に矢印カーソル画像ポインタ 2
表示した状態での撮影方法をご存知だろうか?

意外と、この技を知らない人が多いようです。
っていうか、自分も知りませんでした。
そこで色々と調べて、まとめてみました。

これから下記を始めようとしている人は
ぜひともマスターして欲しいと思います。

・ホームページの運営をしようと考えている人

・ブログの運営をしようと考えている人

・テキストや教材を作成しようと考えている人

スクリーンショットでマウスカーソルを含めて

撮影する方法

1.「Launchpad」をクリックする
 Launchpad

2.「プレビュー」をクリックする
 プレビュー

3.「ファイル」→「スクリーンショットを撮る」
 →「画面全体」をクリックする
 スクリーンショット 2016-08-08 12

4.カウントダウンが始まり自動で撮影されます。
 スクリーンショット 2016-08-08 12

5.マウスカーソルが撮影されていますね♪
 マウスカーソル撮影できた

6.自動で保存されないので、自分で保存します。
 「ファイル」→「保存」を選択する。
 スクリーンショット 2016-08-08 13

7.保存名を入力して、保存先を選択する。
 スクリーンショット 2016-08-08 13

8.「フォーマット」をクリックすると
  ファイル形式を選択できます。
  最後に「保存」をクリックしてください。
 スクリーンショット 2016-08-08 13

スクリーンショットした画像で
トリミング(切り取り)する

1. デスクトップ画面から
「Launchpad」→「プレビュー」をクリック

2.画面右上の「マークアップツールバー」を
 クリックする。(赤四角部分)
 スクリーンショット 2016-08-08 15

3.マークアップツールバーの「選択ツール」を
 クリックし、「長方形で選択」をクリックする
 スクリーンショット 2016-08-08 15

4.カーソルが矢印カーソル画像からポインタ 2に変わります。
 トリミングしたい場所までカーソルを移動して、
 始点から終点までドラックしましょう。
 スクリーンショット 2016-08-08 15

5.マークアップツールバーの右側にある
「切り取り」をクリックする。
 スクリーンショット 2016-08-08 15

完成画像になります
 5bd4aa95c3c5a0bf3172f840e5b85a47_s

いかがでしたか。

何回か、練習すればマスターしちゃうと思います。
もし、忘れてしまったらぜひ参考にして
もらえれば嬉しいです♪

部屋にこもってパソコンしているようなら
クーラー病には気をつけてくださいね!

 ↓ ↓ ↓

クーラー病の症状と対策

スクリーンショットの基本的なテクニック
はこちらから

↓ ↓ ↓

Macでスクリーンショット 3つの撮影方法

ご質問や感想、相談(悩み)などがありましたら、
当ブログの「お問い合わせ」フォームより
ご連絡くださいね。


私は、仕事運が無く
倒産・リストラ・パワハラなどを経験し、
会社に依存しない自由で豊かな生活
送りたいと考え、
この世界に飛び込んできました。


あなたの自由で豊かな人生とは、
なんですか?


会社に依存しない生活の事ですか。

それとも値段を気にせず、好きなものを
買ったり食べたりする事ですか。


あらゆる束縛から解放された実録を
赤裸々に語っている本が、
期間限定で、こちらから無料で、
ダウンロードする事が出来ます。
自由を手にいれる教科書バナー


私もダウンロードして読みましたが、
「自由を得る」事に共感できましたし、
自由を得るためには、どのような思考で、
これから何をすべきなのか?


・これから稼いでいきたい方

・成功したい方

・今の生活から抜け出したい方

にオススメの本です。


ぜひ、読んでみてください。
自由を手にいれる教科書バナー

また、
らんきのメルマガでは、


・ブログにはない特別なお話

・せどり情報や旬なネタのお話

・ネットビジネスで成功に導くお話


などを初心者目線でお伝えしています。


ぜひ、メルマガを登録してくださいね。
(登録費用はかかりません。無料です。
なんと、今なら登録4大特典付きです♪

スクリーンショット 2017-05-22 17


せどり入門者や初心者に大好評♪
マンツーマンせどりツアーに参加して、
楽しいせどりライフをおくりましょう!

らんきのせどりツアーバナー


日々、あなたに役立つ情報を発信していきたい
と思います。

これからも応援の方、よろしくお願いします。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク