amazon ショッピングカートボックスを獲得しよう♪


amazon ショッピングカートボックスを
獲得しよう♪

247031

あなたは、ショッピングカートを
獲得できていますか?

何かというと、
Amazonのショッピングカートボックス獲得
の事です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-19

カートボックスを獲得すると、
右側の「カートに入れる(赤丸)」ボタンは
自分のお店のカートという事になり、
黒塗りしている部分は、自分のお店の名前が
表示されます。

その他の出品者さん(青丸)は「新品の出品」を
クリックすると、最安価格順に出品者一覧画面が
表示されます。

このショッピングカートを獲得すると
こんなメリットが!

・とにかく商品がいっぱい売れる♪

理由
・一番、目立つ位置に「カートに入れる」ボタン
 が設置されているから。
・他の出品者の「カートに入れる」ボタンが
 見えずらい。

だから、
出来るだけ、いっぱいショッピングカートを
獲得したいですよね♪
このショッピングカートを獲得するのに
あたって、条件があります。

その条件とは、

①契約形態
 基本的には、大口出品でショッピングカートを
 獲得する事ができます。
 (小口出品でも獲得する場合もあります。)

②価格
 配送料も考慮した、競争力のある価格を
 設定する。
 また、Amazonで一定の時間、ショッピング
 カートを順番に交代させるようにしています。

③在庫
 在庫の保有は多い方が有利ですが、少なくても
 ショッピングカートの獲得は出来ます。

④配送
 FBAのサービス(Amazon自社)を利用する事に
 より、迅速に、安全、品質を保つ事が出来ます。
 その為、自己発送よりもFBAを優先して、
 ショッピングカートを獲得する事が出来ます。

⑤評価
 購入者から高評価を得る事。

ちなみに、
ショッピングカートボックス獲得率の確認方法
を知っているかな?

1.amazonセラーセントラルTOP画面の
「レポート」→「ビジネスレポート」を
 クリックする。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-10

2.「詳細ページ 売上・トラフィック」を
 クリックする。
 すると、カートボックス獲得率(赤枠)
 表示されます。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-10

ポイント
・カートボックスの獲得率が0%だった場合は、
 価格を見直しした方が良いでしょう。

カートボックス獲得率が
表示されていなかった時の表示方法

1.「項目」(赤丸)をクリックする。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-10

2.項目欄が表示されるので、
 「カートボックス獲得率」に「✔︎」を入れよう。
 「項目」をクリックして閉じてください。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-10

表示されました♪
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-10

ビジネスレポートは、
カートボックス獲得率の他にもたくさんのデータ
を見る事が出来ますので、確認してみましょう!

Amazon自体が出品(復活)してきたら、
どちらかを選択して、販売していきましょう!

 ↓ ↓ ↓

せどり Amazon(アマゾン)の在庫が
ついに復活!価格調整しちゃいましょう

ご質問や感想、相談(悩み)などがありましたら、
当ブログの「お問い合わせ」フォームより
ご連絡くださいね。


また、
らんきのメルマガでは、


・ブログにはない特別なお話

・ネットビジネスを成功に導くお話


などを初心者目線でお伝えしています。


ぜひ、メルマガを登録してくださいね。
(登録費用はかかりません。無料です。
なんと、今なら登録特典付きです♪

「メルマガ登録」フォーム画面に移動します


日々、あなたに役立つ情報を発信していきたい
と思います。

これからも応援の方、よろしくお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加