ワードプレス「http 403 forbidden」アクセス拒否?エラーの原因は?


ワードプレス「http 403 forbidden」アクセス拒否?エラーの原因は?

107528

ブログのプロフィール記事を見ようと思って、
アクセスしたら・・・。

えっ!?

また、エラーメッセージ画面!?
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-10

今度は403エラ〜?

いくどとアクセスするも、
エラーメッセージ画面になり、
プロフィール記事が表示されねぇ〜!

やばい!

どうしたらいいんだぁ〜!

とりあえず、冷静になって考えてみた。

そうだ!

前回同様にXServerに相談、連絡してみました。
(過去記事:wordpress 404 not found 
エラーページの解決方法

XServerお問い合わせ方法

1.「マニュアル」をクリックする。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-14

2.「サポート」→「お問い合わせ」を
 クリックします。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-14

3.お問い合わせ画面が表示されます。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-15

  ↓下にスクロールすると入力画面が
  ↓表示されます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-10
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-10

・各項目を入力しましょう。

・内容欄については、
 効率よくサポートしていただく為に、
 症状などを具体的に書きましょう。

・チェックボックスに「✔︎」をいれましょう。
「お問い合わせ内容の確認」をクリックする。

すると、
数時間後にサポートから返答が届きました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-15

サーバー内のあるべきデータが存在していない?
為に、プロフィール記事が表示されません。
との回答でした。

index.html?

index.php?

何それ?
529575

とりあえず、ネットで調べてみたら、

プロフィール記事のデータベース内にあるべき、
「index.html」や「index.php」のファイルが
無くなっており、記事が表示されないとの事。

XServer社からの解決策としては3つ!

①indexファイルを作成して、元の場所に保存する。

②ワードプレスを新規でインストールして、
 生成されたindexファイルを、
 元の場所に保存する。

③XServerのバックアップデータを申し込み、
 自分で、復旧作業をおこなう。(有料)

今のらんきでは、
知識ゼロなので①、②番は不可能!
しかも、元の場所ってどこ?

③番はなおさら不可能!!

XServer社に何とか復旧できないか、
協力してほしいとお願いをしましたが、
丁重にお断りされてしまい・・・。

491305

とほほ・・・。

落ち込んでいても、らちがあかないので、
まずは、
③番のバックアップデータを依頼しました。

バックアップデータの依頼方法

1.「ログイン」→「インフォパネル」を
 クリックする。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-23

2.ログインする為に、
 ・会員IDまたはメールアドレスの入力
 ・パスワードの入力
 「ログイン」をクリックする。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-23

3.「バックアップデータお申し込み」を
 クリックする。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-23

4.バックアップデータのお申し込みを選択します。
 ・MySQLデータベース
 ・サーバー領域データ
 のどちらかは、箇所によって異なるので、
 分からない場合は事前にXサーバーのサポート
 に相談する事をお勧めします。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-0

5.「サーバーID」を入力してください。
 必要なバックアップデータの対象日を選択する。

 注意:
  対象日については、
  ・MySQLデータベース(過去14日分)
  ・サーバー領域データ(過去7日分)
  までしかバックアップをしていません。

 入力が終わったら、「お申し込み内容の確認・
 料金の支払い」をクリックする。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-23

6.お支払いを選択します。
 ・銀行振り込み
 ・クレジットカード支払い
 ・コンビニ支払い
 ・ペイジー支払い
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-23
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-23

7.支払いが完了したので、
 あとはバックアップデータを待つのみです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-23

約半日くらい待ったら、XServer社よりメールが。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-11

どうやって、復旧作業をしたらよいか。
考えた末に・・・。

ワードプレスに明るい知識を持った人に
お願いしましたよ。
102439

それから、数日後。

やったぁ〜♪
プロフィール記事が復旧しました!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-10

         ↓

img_3555

原因

らんきがFTPサーバー上で、
「profile」というフォルダを新規で作成した為、
当ブログのプロフィール記事のURL(/profile/)
に重なってしまい、403エラー表示になって
しまったようです。

今回の教訓

①FTP上で新規フォルダを作成する時は、
 ブログのURLと同様の名称で作成しない。

②XServer社の自動バックアップは、
  ・MySQLデータベース(過去14日分)
  ・サーバー領域データ(過去7日分)
 のデータを抽出依頼する事は可能ですが、

 ワードプレス内における問題となると、
 協力する事は難しい。
 というのが、XServer社の見解。
 つまり、自分で解決しなくてはいけない!

今回のような事を知らない人が、
非常に多いと思ったので、記事にしてみました。
ぜひ、みなさんの参考になればと思います。

あなたもこのような事が無いように気をつけて
作業してくださいね。

優秀なFTPソフトの
サイバーダックって、ご存知ですか?

 ↓ ↓ ↓

サイバーダック アップロードの使い方
(初心者必見♪)

ご質問や感想、相談(悩み)などがありましたら、
当ブログの「お問い合わせ」フォームより
ご連絡くださいね。


また、
らんきのメルマガでは、


・ブログにはない特別なお話

・ネットビジネスを成功に導くお話


などを初心者目線でお伝えしています。


ぜひ、メルマガを登録してくださいね。
(登録費用はかかりません。無料です。
なんと、今なら登録特典付きです♪

「メルマガ登録」フォーム画面に移動します


日々、あなたに役立つ情報を発信していきたい
と思います。

これからも応援の方、よろしくお願いします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加